白井田七はヘモグロビンを下げる効果はあるの?

白井田七はヘモグロビンを下げる効果はあるの?

 

父のヘモグロビンa1cが高い、どうしよう。私の父と母は遠く離れた場所にいます。

 

帰省するのは年に1回か2回が精いっぱいかな。

 

あと一歩そばにいてあげたいのだけど。

 

 

実際、近頃父が血糖値が高いとの事、糖尿病らしいと母から聞かされました。

 

それで糖尿病について調べてみたら、血糖値の中でも、どうもヘモグロビンa1cという値が高いとダメらしいのです。

 

さくっと、父に電話して聞いてみるとヘモグロビンa1cの値は9だという事でした。

 

ヘモグロビンa1cの値の正常値は5.8%未満が正常という事でしたので、これはいけないと思い、ネットで検索して「白井田七」という健康食品(サプリメント)と見つけました。

 

ヘモグロビンa1cが高い人も正常値になったという口コミが多かったです。

 

少しお値段はしたんですけど、主人に相談して「親切になるかも知れないから、送ってあげれば」と言ってくれたのでさくっと、地方にこの「白井田七」サプリメントを送りました。

 

1か月ほどして父から電話があり、ヘモグロビンa1cが1以上下がったので継続したいという事でした。

 

父が大変うれしそうだったので、地方は遠く離れた場所でも、少しは親切にする事ができたような気がしてうれしかったです。

 

当然継続申込みをしました。

 

次回、地方に帰るくらいに父の糖尿病が治ってればいいなあと思います。

 

両親には、長生きしてもらいたいものですから。

 

白井田七ってどのようなサプリメント?

 

そもそも田七人参は収穫できるようになるまで3〜7年もかかそうです。

 

収穫したあとの畑には、2〜3年は雑草1つ生えないんだそうです、田七人参が土の栄養素をすべて吸い取るからなんだそうです。

 

(高麗人参ではないのです)

 

血流が悪いと体には色々な不調があらわれますが、この血液をキレイにして免疫力を高めてくれるのが田七人参。

 

加えて田七人参の成分で注目なのは「サポニン」と「パナキサトリオール」特に「パナキサトリオール」は高血糖を抑制する作用が発見されています。

 

更にこの「パナキサトリオール」は食後の血糖値だけでなく、空腹時血糖値にも効果があるという、いま非常に注目されている成分なのです。

 

白井博隆さんが12年かけて作った田七人参なのでこれを特別に「白井田七」っていうんですね。

 

さて、私の父は白井田七を飲み続けてどうなった?

 

私の父は白井田七を飲み続けた結果、「半年すぎた検査でヘモグロビンa1cが9だったのが、このところでは6.2まで下がりほぼ正常になった」と喜んでいます。

 

正確にはあと少しだけ下がるといいのですが、そこまでしてもヘモグロビンa1cが9と高かった頃にくらべると格段に調子がいいようです。

 

趣味の盆栽にも、なお熱が入るようになり、毎日1時間は家族でみっちり歩くようにして、ますます長生きしてくれるように思えてうれしいです。

 

ヘモグロビンa1cの数値がほぼ正常になったので、「白井田七」の販売元に「もうやめてもいいか」聞いてみたところ「あと数か月は使用量を減らして使用するといいとのこと、田七人参自体が豊富な栄養素を含んでいるので健康維持にもおすすめだそうです。

 

とは言っても継続義務はないですし、届けてもらうスパンも変更したのであと少し「白井田七」と付き合ってもらうつもりです。

 

 【被害?】白井田七の口コミと効果!痛風・糖尿病・不妊には効かない!?

 

page top