白井田七で白斑が治る?

白井田七で白斑が治る?

 

そもそも白斑とは?

 

白斑は通称「白なまず」とも呼ばれる皮膚の部分に白斑ができる皮膚病です。

 

子供からお年寄りまで様々な年齢層で起こり「局部型」「汎発型」「神経分節型」と範囲ごとに分別されています。

 

局部型:皮膚の1部に白斑がある状態。

 

汎発型:カラダの広い範囲に白斑がある状態。

 

体の片側に生じる。

 

神経分節型:左右対称に白斑がある状態。

 

徐々に全身に広がっていく。

 

白斑は「自己免疫」「遺伝」などの要因で皮膚の色素細胞が失われる事によって起こるといわれていますが、現時点ででも完全な治療方法はありません。

 

ただし対処療法としては「外用療法」「内服療法」「外科的療法」などがあります。

 

白井田七で白斑が治るって本当なの?

 

白井田七は白斑の対処療法の1つでもある「漢方療法」として効果が期待出来ます。

 

これは白井田七に含まれる「サポニン」という成分が免疫細胞を正常な働きに戻す事で改善できるといわれています。

 

その上、ストレスは白斑に悪効果を及ぼす可能性があるといわれていますが、白井田七には交感神経と副交感神経の乱れたバランスを正常に戻して精神の沈静化させる働きも効果が期待出来ます。

 

 【被害?】白井田七の口コミと効果!痛風・糖尿病・不妊には効かない!?

 

page top