白井田七が不妊に効果がある理由

白井田七が不妊に効果がある理由

 

白井田七には血糖値を下げたり更年期に良いという評判がありますが、不妊にも効果があるのか!?

 

不妊の原因として女性ホルモンの分泌不足の問題があります。

 

多くの方が生活習慣や食生活の乱れによりホルモンバランスを崩してしまいます。

 

田七人参にはサポニンRg1が高麗人参の7倍・サポニンRb1が高麗人参の3倍以上も含まれています。ビタミンや鉄なども高麗人参の数倍と非常に優秀な天然成分です。

 

サポニンには血流を改善する効果が高いということで、漢方では婦人病や不妊治療に使用されてきました。

 

田七人参に含まれるサポニンは「ジンセサイド」という有効成分です。

 

ジンセサイド以外にもおけつを除去する「田七ケトン」という成分が含まれていて、

 

血流に働きかけ、血液の浄化作用をもらたし、血液循環を整えてくれてます。

 

そのためおけつ、冷えの改善ができるのです。

 

なのでホルモンバランスや不妊の体質改善には田七人参が処方されることも多いのです。

 

また、生活習慣病やストレスの緩和に役立つ田七人参は男性側の不妊にも効果が期待できます。

 

ただし、中国産だと農薬や化学肥料の問題があります。

 

そこで、原料から加工までを全て自社で行っているのが白井田七なのです。

 

世界的に有名な国際有機認証「IFOAM」も取得してます。

 

白井田七には不妊以外にも子宮筋腫や甲状腺腺腫、生理周期、ひどい冷え性の方の「血」を良い方向にもっていくとので改善も期待できるようです。

 

不妊の原因である「多嚢胞性卵巣症候群」があります。

 

多嚢胞性卵巣症候群が発症する原因として、血糖の問題があるとされています。

 

田七人参は古くから血糖対策にも使用されてきました。

 

 

不妊で悩んでいる方は白井田七を試してみてはいかがでしょう。

 

 【被害?】白井田七の口コミと効果!痛風・糖尿病・不妊には効かない!?

 

page top